おまとめローンのメリットとデメリットについて

2014年10月9日

おまとめローンは借金が多くなって、返済が苦しくなってきた人には救いのローンなのは間違いありません。

今現在、利息制限法の利息と、貸金業法の利息は同じになっており、借入額10万円未満で年20%、10万円以上100万円未満で年18%、100万円以上で年15%の上限利息が定められています。

利息制限法の上限いっぱいで借りているとすると、5社から9万円ずつ計45万円借りるとそれぞれ年20%の利息が発生します。

おまとめローンのメリット

しかしおまとめローンで5社から1社におまとめするだけで、利息制限法によって45万の借入が年18%の上限利息となり、2%分の利息を節約できるのです。

毎月の返済額も少なくなり、生活にもそれだけ余裕が生まれるのがメリットの一つです。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンにおまとめするときは注意点があります。それは金利の低さや毎月の返済額が楽になるところだけに目が行ってしまうことです。

おまとめローンによって元利均等返済や元金均等返済、残高スライドリボルビング返済など返済方式に違いがあります。

返済方式によっては返済期間が長くなり、結局トータル的な元本+利息のお支払いの減額効果がほとんどなかったり、かえって増えてしまうことがあります。

元利均等返済や元金均等返済、残高スライドリボルビング返済のうち一番トータル的な元本+利息のお支払いが減りやすいのが元金均等返済です。

しかし元金均等返済では返済当初の元金部分は毎月一定額の代わりに、毎月返済額に占める利息部分のお支払いが多いです。

返済当初は毎月の返済額が多く、返済が進んでいくと利息部分のお支払いが減って毎月の返済額が少なくなります。

返済当初の返済額がお給料に対してきつ過ぎると返済が困難になりやすいです。

その代わりに返済が進んでいくと楽になり生活に余裕が生まれます。このように、おまとめローン借入当初はなかなか元金が減っていかずに、焦りと不安が誰にでも来るのですが、そこでまけずに2年は頑張ってください!

そのころには元金の減りもかなり多くなっているはずですので、目に見えておまとめローンのメリットが受けられることでしょう。

低金利でおまとめすることが最も重要なことですが、おまとめローンをするなら低金利と限度額が高い、オリックス銀行カードローンがおすすめです。

オリックス銀行の審査や口コミ評判については⇒http://www.hugemagazine.jp/このサイトが非常に分かりやすく書いてあると思います。

ぜひ参考にしてみてください!

モビットWEB完結のメリットとは?

2014年9月17日

モビットのWEB完結は連絡はすべてメールで行われ、本人証明書類(免許証など)の提出はデジカメやスマホで撮った画像をホームページからアップロードしたり、スマホ用のアプリによって送信したりするようになっています。

また、契約書類に関しては利用者が端末で管理し、取引内容の確認や領収書・利用明細書のダウンロードは、モビットのWEBサイトで行います。

このように、誰にも知られることなくキャッシングを利用できる画期的なシステムを提供しているのはモビットだけです。

ちなみに、勤め先への在籍確認がない代わりに、勤め先への就業や給与の受給を証明するために、利用者は「健康保険証」と「給与明細書」の写しの提出を義務付けられています。

1番の特長はモビットカードの発行が無いこと!

そして、WEB完結ではATM用のカードも発行されません。そのため、借入の申込は端末を使ってインターネットから行い、借入金はすべて利用者の銀行口座に振り込まれます。

当然、振込手数料は掛かりません。なお、返済はモビットの提携銀行である三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座からの引き落としのみとなっているため、WEB完結を利用する場合はどちらかの銀行に口座を開設する必要があります。

ちなみに、モビットにはWEB完結の他にカードを発行する通常のカードローンもあり、ローソンやセブンイレブン、Eネット(ファミリーマートなど)など、コンビニATMを利用して借入・返済をすることもできます。

モビットは通常のフリーローンで限度額最高500万円と非常に高額になっているので、おまとめローンと言う商品はありませんが、使途自由のローンのことから、おまとめや借り換えも利用可能となっているのです。

おまとめローンと言えば、東京スター銀行おまとめローンが有名です。東京スター銀行でおまとめするなら、http://www.tokyo-ubinavi.jp/←このサイトがかなり参考になります。

クレジットカードで即日融資はできるのか?

2014年7月6日

申し込みした当日に借りたい人は即日融資が必要となりますが、借りる会社によって、即日融資で借りれるかどうかが決まってきます。

借入するときに考えるのは、消費者金融とクレジットカードだと思いますが、基本的にクレジットカードは即日融資で借りれません!

それは、クレジットカードはカードが届いてからでなければキャッシングができないからです。

一方消費者金融はカードが届く前に振込で即日融資で借りることが可能です。自分の普通預金口座だけ持っていれば、平日の銀行振込時間前に審査が通れば、だいたいは消費者金融なら即日で振込してくれます。

まずはその時点から選ぶ会社を間違っては即日融資で借りることはできないのです。

一般的にクレジットカードで有名なのは、JCBやアメックスです。特にゴールドカードは見栄っ張りな人が使っており、キャッシングする人は見栄っ張りが多いとされています。

すると、ゴールドカードだからと言って、お金持ちとは限らないのです。飲み代や友人、部下への支払など、たまに奢っている人は本当にお金持ちなんですか?

そんなことで金持ちの基準を計ったらだめですよ。

兎に角、クレジットカードを申込みしても、カードが届くまで約1週間程度はかかり、当然その間、キャッシングはできません。今すぐにでもお金を借りたい人ならば、消費者金融即日というワードでインターネットで調べてみましょう。

いろんさサイトがありますが、やはり有名なのはアコムです。どこのサイトにもアコムの広告が貼ってあるでしょう。それだけアコムは審査と即日融資には長けていると言っても過言ではないのです。

今日中に借りたい人は、サラ金(消費者金融)へ申込みするべきですね!

オリックス銀行カードローンは何がすごい?

2014年7月6日

今巷で噂になっている、オリックス銀行カードローン。これの何がすごいのか?いろいろと試したことを報告する。

まず、オリックス銀行カードローンの最大の利点となるのは、銀行でもあまり審査が厳しくないことだ。それは金利を見ても明らかだろう。

金利は3.0%~17.8%と、確かに下限金利は銀行カードローンの中でもかなり低い部類になっているが、上限金利は17.8%で、プロミスと一緒なのだ。

素人だと最低金利でも私は借りられる!と愚かな考えを持った人間がいるのだが、カードローンやキャッシングの最低金利(下限金利)はあって無いようなものなのだ。

そう、言うなれば、幻想に違い金利であって、見せしめのために広告表示をしていると思っていた方が良い。

これが銀行カードローンであれば、その最低金利での限度額を審査で通った人は本当に借りられると思うが、消費者金融はまず、最低金利で貸付することは無いだろう。

例えば、アコムは金利4.7%~18.0%の金利で融資をしているが、最低の4.7%で借りている人がいれば、ぜひ教えてほしい。何人が借りているのだろうか?私の感覚では、1万人に1人ぐらいの確率でしかない。

しかも、最低金利を借りると言うことは、それだけ多くの金額を借りていると言うことになるのだから、そもそも、そこまで多くの金額を消費者金融から借りる人など皆無である。

このことから、まず最低金利というのは幻想的な金利であって、本当の金利ではないことを理解することが大事である。

オリックス銀行カードローンは収入証明書が不要で借りれる!

オリックス銀行カードローンの話に戻すと、金利面は、あまり期待しない方が良いのだが、それ以外については、なかなか感心できる内容となっておる。

まず、収入証明書が300万円までは原則不要となっており、これはイオン銀行ネットフリーローンと並んで、日本国内では最高の金額である。

収入証明書など、審査時に必要ない!と思っているのが儂の性格だが、貸金業法改正となり、収入証明書は消費者金融では必須となった中、オリックス銀行のこれは評価が高い。

また、最短即日審査もしており、スピード感がパナイ。これこそが、オリックス銀行カードローンのすごい点なのだ。(参考にしたサイトはこちら

キャッシング即日融資で早いのは?

2014年7月6日

キャッシング即日融資を受けるのに、一番早いのは?良く誰もが考えることですが、何を基準にして早いといっているのか?まず、これが最も重要なことです。

キャッシングには申込みから、審査、借入の三段階に分かれており、いくら審査が早くても、自分自身の申込みが遅くては意味がありません。

ただ一つ言えることは、審査が今最も早いと言われているのは、ノーローンです。新生銀行グループで、1週間なんどでも無利息をしている会社です。

今まで、消費者金融は審査が一番早く、最短30分を掲げていましたが、その壁を打ち破ったのはノーローンなのです。ノーローンは、審査時間最短20分!!

これは今までにない最短の時間です。なぜここまで審査時間が短いのか?

審査時間が短いことは、申込者にとって大変ありがたい話ですが、喜んでばかりもいられないのです。

なぜならば、それだけ審査が早くなったと言うことは、完全自動化の審査になってきている証拠であり、少しでも審査基準から外れていれば、即オコトワリ━━━( ゚ω゚ )━━━!!!!となってしまう危険があるからです。

しかしながら、今は総量規制という決め事があって、年収の3分の1までしか貸付が禁止されています。

そして、必ず信用情報を照会しなければならない義務になっていますので、信用情報での借入金額と返済滞納、事故情報だけで、約6割~7割は審査が終わっていると言っても良いでしょう。

このため、ノーローンのように最短20分で審査結果がだせるようになってきているのです。

即日融資で借りるならば、当たり前ですが、審査が早い会社に頼んだ方が借りれる確率が高いです。ノーローンならば、楽天銀行口座がある人は、なんと、平日17時までの所定手続きを完了すれば、即日融資が受けられるのです!

ここまでのサービスはノーローンだけのオリジナルと言え、これからノーローンの評価が上がっていくことは間違いりません。

ノーローン以外でおすすめはプロミスです。プロミスの申込みでは、30日間無利息サービスが付いています。これによって最短即日融資+無利息サービスで、利用者の口コミもかなり評価が高くなっています。

キャッシング即日融資で選ぶならノーローンかプロミスですね。